日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみられます。

ローションタイプや乳液タイプの日焼け止めに加えて、日傘や手袋を併用し、化粧品までUV効果のあるものを使っているなんていうことも、今や“当たり前”になってきていますよね。

いろんなケアを行っているものの、更なる日焼け防止効果を…!と追い求めている方にオススメなのが、飲む日焼け止めです。

飲む日焼け止めとは、内側からお肌にアプローチできるスグレモノで、皮膚科や医療機関にも推奨されているスペシャルアイテムなんです。

そこでコチラでは、知って得する!今話題の飲む日焼け止めについて、詳しくご紹介致します♪

飲む日焼け止めを飲むと、どんな効果を得られるの?

飲む日焼け止めは、簡単に言うと“サプリメント”の一種です。

お肌は紫外線を受け続けると細胞が傷付いてしまい、皮膚組織が破壊されてシミやそばかすを増加させてしまいます。

そこで飲む日焼け止めを上手に利用すれば、その紫外線の負担を内側から大幅に減らし、肌トラブルが起きにくい素肌へと変えてくれるんです。

その効果はシミ・そばかす予防だけではなく、シワの軽減、乾燥予防、お肌のバリア機能の向上、ニキビの軽減、また皮膚ガンなどの重大な病気まで予防してくれるので、これは凄いですよね。

よって、紫外線を受けても影響が及びにくい体質にしてくれる、という効果を全身に与える点が、飲む日焼け止めの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

参考飲む日焼け止めの効果について

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、その違いは何?

一般的なローションタイプや乳液タイプの日焼け止めは、“お肌が受ける紫外線そのものをカットする”という効果があるものです。

一方飲む日焼け止めは、よく見る“PA”や“SPF”というような紫外線カットを目的とした表記はされておらず、あくまで“紫外線の負担を内側から減らす”ことに焦点を当てたものとなっております。

塗る日焼け止めは、お肌が敏感肌の方の場合、肌トラブルを引き起こしてしまうことがありますが、飲む日焼け止めはサプリメントなのでそのリスクも低いという部分もまた異なるところですね。

更には、塗る日焼け止めを使えない“目”や“頭皮”などにも効果を発揮してくれるので、本当に身体の隅々まで役立つアイテムなんです。

塗る日焼け止めのように、塗り直しや塗りムラを気にする心配もありませんし、塗布する作業時間も短縮できるので使いやすくとっても万能な日焼け止めです。

参考塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの違いについて

飲む日焼け止めの成分を知りたい!

口に入れるものである以上、その成分についても詳しく理解しておきたいですよね。

色々な飲む日焼け止めサプリメントが発売されていますので必ず配合されているとは限りませんが、多くのものには“ニュートロックスサン”という成分が含まれています。

これはローズマリーやシトラスなどから抽出したポリフェノールの一つで、海外の研究では紫外線のダメージを50%以上減らすことができたというデータも残されている注目成分です。

他にはシダから抽出した“ファーンブロック”という抗酸化作用のある成分が、よく含まれているようです。

このファーンブロックは、紫外線の中でも“A波”と呼ばれているものから受けたダメージを減らすのに効果的と言われております。

これらの日焼け止め作用に加えて、様々なビタミンやミネラル類、プラセンタやアントシアニンなどの美容成分を配合していることもあり、その成分の種類によってどの飲む日焼け止めを購入するか決めるのも一つの手ですよ。

参考飲む日焼け止めに含まれている成分について

国産の飲む日焼け止めと外国産の飲む日焼け止め、何が違うの?

基本的に国産の飲む日焼け止めは、天然成分のみで生成されているものが多く、価格も安い傾向にあります。

外国産の飲む日焼け止めは、上でもご説明したシダの成分が多く含まれていることが多いので、アレルギー症状を引き起こす可能性が無いとは言い切れません。

また外国産のものは、日本国内では禁止されている成分が含まれているということも稀にあります。

安全基準は日本と海外で少し異なるので、体質に合ったものをセレクトして健康被害を受けないよう注意することが大切です。

外国産の飲む日焼け止めは輸入している分値段も張りやすく、入手するのが難しいこともあるため最初は国産のものからトライしてみた方が安心かもしれません。

参考国産の飲む日焼け止めと外国産の飲む日焼け止め、何が違うの?

飲む日焼け止めの飲み方や飲むタイミングは?

飲む日焼け止めは、紫外線を受ける前に飲むことを推奨されています。

日中の方が紫外線の影響を受けやすいので、朝出かける前に飲む、というのがベストのタイミングです。

大体出かける30分前までに飲めば、通常通りの効果が得られるとされています。

外出時間が長くなりそうな日や、海や山でアウトドアを楽しむ時は、製品によりますがいつもより多めに飲んだり、6時間以上経ったら追加で飲むという方法もあるそうです。

紫外線は雨や曇りの日などの天気に関わらず、毎日降り注いでいるものです。

飲み忘れてしまうこともあるかもしれませんが、キチンと毎日飲むことでより効果を得やすいので、日々の習慣にすると良いでしょう。

他の成分によって阻害される可能性もありますので、基本的にお水かぬるま湯で飲むように心掛けてくださいね。

また、朝飲み忘れたけれど日中思ったよりも多くの紫外線を浴びてしまった、なんていう時には、帰宅してから飲んでも効果を得られますので諦めないでください。

飲む日焼け止めを飲まないよりは、飲んだ方が肌へのダメージを抑制できますので、朝飲まなきゃ全く意味がない、という訳ではないんです。

参考飲む日焼け止めの飲み方や飲むタイミングは?

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、併用してOK?

これは、モチロンOKです。

むしろ、よほど肌が弱いということではない限り、併用することをお勧め致します。

塗る日焼け止めは紫外線をカットして直接的なダメージを抑えてくれますし、飲む日焼け止めは細胞に働きかけて皮膚の組織を守ってくれます。

飲む日焼け止めを飲んでいるからと安心して外側の紫外線ケアを怠ってしまうと、あっという間にシミが…!なんていうこともありえます。

一例ですが、効果の強い塗る日焼け止めで肌トラブルが出てしまった方が、飲む日焼け止めを使ったところ、効果は弱いけれど肌に優しいオーガニックな塗る日焼け止めに変えられるようになった、というようなお声もありますよ。

両方の良いところを利用して、一番効果的な状態を作り上げておきましょう!

参考塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、併用してOK?

飲む日焼け止めには副作用があるの?健康被害は?

成分の項目で触れた“ニュートロックスサン”は、今のところ副作用がみられていませんが、“ファーンブロック”はシダの成分なのでアレルギー持ちの人は要注意です。

また、妊娠中や授乳中、高血圧の治療中の場合、影響がゼロとは言い切れませんのでできれば控えておき、どうしてもという場合は医師に相談して服用を決めるようにしましょう。

飲む日焼け止めは年齢制限が特にありませんので、就学している子供でも服用できます。

植物由来の成分がほとんどですので、よほどでない限り副作用は出ないとされております。

ですが、製品によっては甲殻類を配合しているものもあるようです。また、植物と言ってもザクロやリンゴはアレルギー症状が出る可能性のあるものですので、こちらも頭に入れておかなくてはなりません。

飲む前に自分や子供にアレルギーの体質がないかチェックして、完全に大丈夫だと分かった段階で飲み始めることをオススメします。

参考飲む日焼け止めには副作用があるの?健康被害は?

どのくらい飲み続けると効果が出てくるの?

飲む日焼け止めは飲んでから30分後に効果を発揮するものの、実際に“アレ?いつもより焼けていない?!”と実感できるようになるのは、どのくらいの期間が必要なのでしょうか。

勿論飲む日焼け止めの種類や飲むタイミング、量、どのくらい紫外線を浴びる生活習慣を送っているかで結果は異なりますが、大体平均で3ヶ月間飲み続けると効果を実感できるそうですよ。

この場合、3ヶ月間全く飲んでない時と比べると肌トラブルや肌老化が少ない、といった風に実感される方が多いようです。

お肌の衰えは8割以上が“光老化”と呼ばれる紫外線によるダメージなので、その負担を3ヶ月分減らすことができればそれがしっかりと結果に繋がるという訳です。

また飲み続ければ飲み続けるほど体内の抗酸化パワーを向上させる働きを持っているので、365日毎日飲めば最も美白効果を得られるとされています。

数々の臨床実験で日焼け止め効果がある、と立証されていることもあり、日焼けにお悩みの方は試す価値アリ!と言えますね。

参考どのくらい飲み続けると効果が出てくるの?

飲む日焼け止めの選び方を教えて!

国産・外国産どちらも多くの製品が出回っていますので、自分に合ったものがどれなのか分からず一歩踏み出せない…そんな方は、今からご説明いたします基準を参考にしてみてはいかがでしょうか。

例えば、安全性を確実に求めるのであれば、国産で無添加のアレルギーの心配がない飲む日焼け止めを選ぶに越したことはありません。

国産のものは、やはり外国産のものと比較すると日本人の身体に馴染みやすいサプリメントとして作られています。

それだけトラブルも引き起こしにくいですので、迷ったらまず国産かどうかを目安にセレクトしてみてください。

次に、コストパフォーマンスです。

毎日飲んで習慣付けようと決めたけれど、意外とお高いので長く続かない…なんてことになっては、意味がありませんよね。

飲む日焼け止めは、安いもので初回限定1袋500円程度の製品から、6500円程度のものまで様々です。

ものによって内容量も変わってきますので、1日辺りいくらになりそうか計算してみてから注文するのも一つの選択肢ですよ。

安かろう悪かろうとは限りませんが、お高いものは有効成分が多く配合されているケースもありますので、慎重に成分を見極めていきましょう。

他には、飲む日焼け止めを飲むことによって“日焼け止め効果だけ”を得たいのか、“他の美容効果”も得たいのか、なども判断基準となります。

日焼け止め効果だけに特化したものもあれば、それ以外の代謝向上効果などもプラスされているものまでありますので、いくつかの製品に的を絞って比較してみるのもいいかもしれません。

参考飲む日焼け止めの選び方を教えて!

飲む日焼け止めはどこで購入することができるの?

普段から皮膚トラブルが絶えない、といった方は、皮膚科で医師からお勧めされた飲む日焼け止め情報を入手することも可能ですが、そうなると医療機関を受診するという手間が増えますので大変に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一番簡単に手に入れられるのは、インターネットでの注文です。

情報を入力すれば一発で自宅まで届けてくれますので、あとは待つだけ、というところも魅力的ですよね。
製品によっては公式サイトでしか注文できないものもございますので、検索してみてはいかがでしょうか。

2016年以降は一部の製品において大手のドラッグストアでも取り扱いを拡大させていますので、もしお近くで利用する機会がありましたら、サプリメントコーナーを探してみましょう。

参考飲む日焼け止めはどこで購入することができるの?

飲む日焼け止めってどんな形状をしているの?匂いは?

サプリメントというと、薬みたいな感じ…?と具体的なイメージが湧かない方も、ご安心ください。

ほとんどの飲む日焼け止めはタブレットやカプセルタイプの錠剤に加工されていますので、持ち歩きにも便利で、味を感じないことが多いんです。

外国産のものはちょっと毒々しい見た目をしていることもありますが、品質上は問題ありませんのであくまでも成分を重視して決めましょう。

一方でハーブなどを使用している一部の飲む日焼け止めは、ハーブ由来の独特の香りがすることもあります。

ハーブが得意な方は大丈夫だと思われますが、苦手な方は薬草みたいでチョット…という感想を述べることもあるようです。

強烈な悪臭を放つ、といったものはまず無いですが、製品によっては原料の匂いを若干感じることがありますので、鼻が敏感だという方はそこも気にして調べてみるといいですよ。

参考飲む日焼け止めってどんな形状をしているの?匂いは?

飲む日焼け止めの効果を増大させる方法は?

毎日継続して飲む、ということ以外に、飲む日焼け止めの効果を最大限に引き出す方法はないのでしょうか。

それは、他のアイテムをプラスしてあらゆる方面から日焼け止め効果を得る、ということによって叶います。

例えば、飲む日焼け止めにプラスして、塗る日焼け止めを塗布し、UV効果のあるサングラスを着用、頭にはUV効果のある帽子を、更に日焼け防止加工を施されたカーディガンやストール、日傘を使って、こまめにスプレータイプの日焼け止めで塗り直す、といった工夫をすれば、抜け目無い日焼け対策だと胸を張って言えますよね。

また、飲む日焼け止めは他のサプリメントと併用してもOKなものが多いので、マルチビタミンやマルチミネラルなどを併用してお肌に栄養を補給させるのも効果的です。

現代ではジェンダーレスな方が増えていますので安心できる一方で、未だに日焼け対策をするのが恥ずかしい、と思われている男性も一定数いらっしゃいます。

そんな方も、飲む日焼け止めなら周りを気にすることなく簡単に日焼け対策をすることが可能なので、いつもの日焼け対策に満足できていない人に“男女問わず”オススメできるんですね。

参考飲む日焼け止めの効果を増大させる方法は?

最後に~

通常の日焼け止めですと、汗によって流れてしまうなど、効果にバラつきが出やすいのですが、飲む日焼け止めは確実に身体に吸収させるものなので安心感が強いですよね。

屋外でのイベントが多い時期に、日陰ばかり選ばず移動できるなんて、日々のストレスも軽減できるのではないでしょうか?

海外の研究結果では、塗る日焼け止めだけで済ませようとすると、必要な紫外線をカットし過ぎてしまい、骨粗鬆症になるリスクを高めてしまうというデータも残されておりますので、今後も飲む日焼け止めは幅広い層に広まっていくこととなるでしょう。

飲む人を選ばない飲む日焼け止め、“早くトライして損はない!”と言えることうけ合いです!

Copyright© 飲む日焼け止めでUVケア , 2017 All Rights Reserved.